最近はピッキングではなくバンピングという行為が横行しているらしい

ピッキングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ピックと呼ばれる器具を使って鍵を開けてしまう、解錠テクニックのひとつです。技術や知識のある人が行うと、鍵の種類によっては数十秒ほどで開けることができ、このピッキングに対抗するため色々な対策を施された鍵がたくさん生まれました。正規の鍵を使わずに解錠するといえば、このピッキングがよく聞く技術で、実際に耳にしたことがある人は多いと思います。ですが、最近はピッキングではなくバンピングという行為が横行しているらしいというのです。

車のインロックを防止!キー閉じ込みしても大丈夫!車外隠しスイッチで車をアンロック|KSW2ビートソニック

では、バンピングとはなんなんでしょうか。正直私も耳にするのが初めてだったのですが、これはバンプキーという特集な鍵を使い解錠する方法で、ピッキングとは違って技術や知識が無くても簡単に開けることができてしまうと言うから驚きです。バンプキーがどれだけ精度のいいものかでも違ってくるようですが、誰でも簡単に開けられるというのが怖いですね。ピッキング対策を施していても、バンピングには効果が無かったりもするそうです。解錠した痕跡もあまり残らず簡単に開けられるため、犯罪などに使われてしまうと脅威となるでしょうね。

鍵開けで評判の鍵屋さん

このバンピングに対抗する手段としては、指紋認証やICカードなど、シリンダーを必要としない鍵に付け替えることです。バンピングはピンシリンダーでなければ開けることができないのと、ピンシリンダーでもバンピングをすると開かなくなるという対策を施されたものも出ているようなので、こういったものも効果的でしょう。

門扉・フェンス・目隠しフェンス/ディーズガーデン

本来であれば、鍵屋さんなどが便利かつスムーズに仕事をするためのものだと思いますが、それが犯罪に使われてしまうかもしれないとなると、なんだかやるせないですね。防犯は犯人とのイタチごっこになりがちなものです。これからはこのバンピングも意識していかなければならないでしょう。