プッシュ式暗証番号錠のボタンが押したまま戻らなくなった

push_pinこの前、実印が必要になったのでウチのクローゼットの中に置いてある、プッシュ式暗証番号のタイプの金庫を開けようとしたんです。

いつも通り何もおかしなことはせずに、暗証番号をひとつずつ確かめるように押していって3つ目の番号を入力した時でした。押した3つ目のボタンが押したままの状態になって、戻らなくなってしまったんです。電池切れか?ボタンが錆びたか?など色々な憶測が頭の中を駆け巡りましたが、素人の私がいくら頭を働かせたところでわからないものはわかりません。試しにそのまま4つ目の番号を入力してみましたが、やはり解錠はされず。その後電池を交換しても直らなかったので、どこかおかしくなってしまったんだろうなぁと諦めました。

とはいっても、諦めたまま放置するわけにもいきません。中には大切な物も入っていますし、実印が取り出せないままでは困ります。かといって私にどうにかできるようなものでもなさそうですし、もうこうなったら業者を呼ぶしかないんだろうなぁと。正直、いくら鍵専門の業者とはいえ、自分たちの大切な物が入っている金庫の解錠をされるのは不安が残りますし、いい気分でもありません。まぁそれは業者になんとかしてもらった後に暗証番号を変更すればいいだけの話なのですけど。

鍵のことでトラブルに見舞われたのは、今回が初めてです。だからこそ色々な不安が過ぎってしまうのですが、そうも言ってられませんよね。補助として差し込むタイプの鍵があってそれで開けられる、なんていうものがあったらいいのになと思いましたが、それじゃ暗証番号式である意味もなくなってしまうんでしょうかね。なんにせよ、早く業者に依頼して開けてもらわないと話も次に進めませんから、近々お願いしようと思っています。もちろん、出来る限り信頼できる業者にね。